Part5&6

【徹底レビュー】TOEIC L&R TEST 出る問特急 金の文法

100回以上TOEIC満点を達成しているTEX加藤先生の新教材!『TOEIC L&R TEST 出る問特急 金の文法』が2022年2月28日に発売開始されました!

超大人気『金のフレーズ』『金のセンテンス』『金の熟語』の続編ということで大変注目が集まっています。

『金の文法』についても大人気教材になるのか!実際に使った感想を紹介していきます。

結論からまとめると以下の通り。

【オススメできる人】

  1. TOEIC600点を目指す400点台・500点台の人もしくはTOEICを初めて受験する人
  2. ある程度文法事項に関しての知識は保有している人
  3. 文法問題を重点的に学習して正答率を上げていきたいという人

【オススメできない人】

  1. TOEIC800点以上の上級者
  2. 文法の知識があまりない人
  3. 全パートまんべんなく学習していきたい人

『金の文法』は初心者向けの文法問題の解き方を学べる教材です。ただ、結構分厚い教材なので、Part5のみを重点的に学習したい人向けの教材です。

正直TOEIC600点目標であれば、文法を重点的に学習するのではなく全パートまんべんなく広く浅く学習するべきだと思います。

オススメの教材は以下の2つです。他のパートに比べて特別文法問題に苦手意識を感じていない方は、以下の教材からどちらかを選びましょう。

この記事では実際に『TOEIC L&R TEST 出る問特急 金の文法』を利用した私が、この教材の内容について詳しく解説していきます。

金の文法のレビュー評価情報まとめ

教材名TOEIC L&R TEST 出る問特急 金の文法
著者名TEX加藤
出版日2022/02/28
オススメ度
教材タイプPart5トレーニング教材
所要時間5~10時間程度
レベル対象レベル:~600点

到達可能レベル:800点

効果Part5の解き方を学び正答率を向上させる
メリット①問題の解き方を網羅的に学べる

②問題数が多いわりに解説も丁寧で安価

③学習者を本気で考えていることが分かる細かな気配りが多い

デメリット①難しい問題も混ざっている

②初心者向けの教材としては若干分量が多い

始める前にやるべき教材世界一わかりやすいTOEICテストの英文法
終わった後にやるべき教材1駅1題! TOEIC L&R TEST 文法特急

TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問

超大人気TOEIC講師であるTEX加藤先生が著者である教材。この人の教材は外れがありません。

『金の文法』もかなりの良書です。文法を解く際の基本的なルールを金のルールとして82個示しています

82個のルールを身に着けることで、Part5の正答率を上げていこうという趣旨の教材。

TOEIC600点目標の人をメインターゲットにしている教材で、全体的な難易度は低めで基本的な問題を多く収録

ただ、個人的な意見としてはTOEIC600点目標の人は、文法問題特化型の問題集をやるよりも幅広く対応している教材でまんべんなく学習していくことをオススメしています。

リスニングやPart6&7と比べて、特にPart5が苦手だ!という人以外は、もう少し広く浅く学習できる教材を利用することをオススメします。オススメ教材は以下の2つです。

金の文法のメリット

実際に『金の文法』を利用していて、ここがオススメポイントだなぁ。と思う点を紹介していきます。

先にすべて挙げてしまうと以下の3点。それぞれ詳しく解説していきます。

  1. 問題の解き方を網羅的に学べる
  2. 問題数が多いわりに解説も丁寧で安価
  3. 学習者を本気で考えていることが分かる細かな気配りが多い

良い点①:問題の解き方を網羅的に学べる

この教材の最も大きな特徴は、文法問題の解き方を網羅的に学ぶことができると言う点です。

82個の解き方のルール(金のルール)を学んで、Part5の正答率を上げようという趣旨の教材。

例えば、品詞問題では主語には名詞を選ぶとか、品詞問題で空所が名詞以外を修飾していたら副詞を選ぶなど。

82個のルールを身に着けることで、問題を解く際の基本的な考え方を網羅的に知ることが出来ます

つまりこの1冊をやるだけで、Part5の解き方は一通り学ぶことが出来るというわけですね。

良い点②:問題数が多いわりに解説も丁寧で安価

2つ目の良い点は、問題数が多いわりに解説も丁寧で安価という点です。

この教材結構分厚いんですよね。160問収録されていて、1問あたりの解説量も文庫本サイズで8行から10行とかなり多め。

内容が濃いわりに、値段も890円+税ということでかなり安価。1000円だすとお釣りが来ます。

コスパという面でもかなり優秀な教材と言えます。

良い点③:学習者を本気で考えていることが分かる細かな気配りが多い

3つ目の良い点は、学習者のことを本気で考えていることが分かる細かな気配りが多いという点です。

  1. 巻末には、金のルールを一覧にまとめたページ、問題の順番がランダムになった演習用ページや音読用例文が載っています。
  2. 飽きさせないためにTOEICの世界を知れるコラムを挟んでいます。
  3. 途中で、前置詞について学ぶならこの教材がオススメですよって紹介してます。

教材紹介に関してはおそらく宣伝費はもらっていないと思うので、本気で学習者のことを考えているのだなと思います。

【アプリ教材で学習したい人向け】オススメ

スタディサプリでTOEIC対策をした結果!体験談と感想を語っていきます

【紙教材で学習したい人向け】

【レビュー記事まとめ】世界一わかりやすいTOEICシリーズの特徴や評価まとめ

[/box06]

金の文法のデメリット

逆に『世界一わかりやすいTOEICテストの英文法』を使っていて感じたデメリットを紹介していきます。

先にすべて挙げてしまうと以下の2つ。それぞれ詳しく解説していきます。

  1. 難しい問題も混ざっている
  2. 初心者向けの教材としては若干分量が多い

悪い点①:難しい問題も混ざっている

この教材の微妙な点1つ目は、かなり難易度の高い問題も少しだけ混ざっているという点です。

おそらく著者であるTEX加藤先生の意図としては、金のルールに沿わない問題もたまにあるんだよということを知らせたいのだと思います。

しかし、解説を読んで初心者が理解できるかなぁと疑問に思う問題もありました

メインターゲットが初心者向けの教材なので、難易度の高い問題を理解するのに時間をたくさん使ってほしくはありません。

あくまで金のルールを身に着けるための教材と割り切って使ってほしいです。

悪い点②:初心者向けの教材としては若干分量が多い

微妙な点2つ目としては、初心者向けの教材としては若干分量が多いという点です。

もちろんTOEICが好きで、かなりの時間をTOEICの勉強に費やしたいという人には良いと思います。

しかし、TOEICを受ける多くの人は、最小限の勉強でOEIC600点を獲得したいと考えているはず。

なので、Part5だけ重点的に学習するのではなく、リスニングもPart6&7の勉強も広く浅く勉強するべきです。

全体的に正答率を上げていく方が、目標点数達成の近道になります。

Part5がよほど苦手というわけでないのであれば、初心者は広く浅く全Part学習していくことをオススメします

金の文法の口コミ・評判

買うかどうか決めるのに多くの人の意見を聞きたい!という人もいるでしょう。

そこで『金の文法』を実際に利用した人の声を集めてきました。

twitterからの生の意見なので参考になるはず!

abceedというアプリで電子バージョンで利用可能です。

僕と同じ意見です。基本的な文法事項は理解している人が使うべき教材ですね。

たまに難しい問題も混ざっています。初心者はあくまで、金のルールを身に着けるために利用しましょう。

金の文法はこんな人にオススメ

冒頭でも紹介しましたが、『金の文法』をオススメできるのは以下のような人です。

【オススメできる人】

  1. TOEIC600点を目指す400点台・500点台の人もしくはTOEICを初めて受験する人
  2. ある程度文法事項に関しての知識は保有している人
  3. 文法問題を重点的に学習して正答率を上げていきたいという人

【オススメできない人】

  1. TOEIC800点以上の上級者
  2. 文法の知識があまりない人
  3. 全パートまんべんなく学習していきたい人

ある程度文法知識が身に付いている人が使うべき教材です。まだ身に付いていないという人は、先に『世界一わかりやすいTOEICテストの英文法』を利用しましょう。

さらに結構分厚い教材なので、Part5のみを重点的に学習したい人向けの教材です。

正直TOEIC600点目標であれば、文法を重点的に学習するのではなく全パートまんべんなく広く浅く学習するべきだと思います。

オススメの教材は以下の2つです。他のパートに比べて特別文法問題に苦手意識を感じていない方は、以下の教材からどちらかを選びましょう。

金の文法を始める前にやるべき教材

先ほども述べましたが、『金の文法』はある程度の文法知識を前提として解説が書かれている教材です。

なので文法知識がまだ身に付いていないという人は、他の教材から始めましょう。オススメの教材は以下の通りです。

  1. 世界一わかりやすいTOEICテストの英文法

オススメ①:世界一わかりやすいTOEICテストの英文法

文法の知識自体があまり身に付いていないという人は、『世界一わかりやすいTOEICテストの英文法』がオススメ。

初心者向けの教材として有名な『世界一わかりやすいシリーズ』の英文法書です。

この教材が出るまでは、TOEICに特化した英文法書というのは存在しませんでした。しかし、超有名講師である関正生先生が、そんな状況を解決するために作成した教材。

TOEICに出やすい文法順に、出やすい単語で解説されています。

大学受験とTOEICの英文は若干違います。大学受験用の教材で復習するよりは、TOEICに特化した英文法書で対策するのがいいでしょう。

created by Rinker
KADOKAWA
¥615
(2022/09/30 23:34:17時点 Amazon調べ-詳細)

金の文法が終わった後にやるべき教材

次に『金の文法』が終わった後にやるべき教材について紹介していきます。

オススメの教材は以下の2つ。それぞれ詳しく解説していきます。

  1. 1駅1題! TOEIC L&R TEST 文法特急
  2. TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問

オススメ①:1駅1題! TOEIC L&R TEST 文法特急

まずオススメの1つ目は『文法特急』です。あえて、同じ特急シリーズをオススメしました。

実際に公式が発表している以下の画像を見ても、金の文法の次に使う教材として適していると言えるでしょう。

引用:https://amzn.to/3hrTVL0

文法特急は特に解説が詳しく、解説分量でいえば金の文法の1.5倍~2倍程度です。

収録問題もかなり精査されており、ロングベストセラー商品。10年以上売れ続けています。

演習用教材なので、金の文法で解き方を学んだあと、それを身に着けるために利用してください。

オススメ②:TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問

TOEIC文法問題の1番人気を誇る『でる1000問』。その名の通り1000問以上の問題を収録しています。

Part5の問題を感覚的に解けるようになることで、解くスピードがあがりPart7に時間を回すことが可能になります。

しかし、問題数が多いため途中で挫折する人が多く、腰を据えてTOEIC対策に臨める人にオススメの教材。

金の文法が終わった後、800点・900点を目指していきたいと考えている人は利用してみるといいでしょう。

created by Rinker
¥2,530
(2022/10/01 08:02:45時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

結論をもう一度まとめると以下の通り。

【オススメできる人】

  1. TOEIC600点を目指す400点台・500点台の人もしくはTOEICを初めて受験する人
  2. ある程度文法事項に関しての知識は保有している人
  3. 文法問題を重点的に学習して正答率を上げていきたいという人

【オススメできない人】

  1. TOEIC800点以上の上級者
  2. 文法の知識があまりない人
  3. 全パートまんべんなく学習していきたい人

『金の文法』は初心者向けの文法問題の解き方を学べる教材です。ただ、結構分厚い教材なので、Part5のみを重点的に学習したい人向けの教材です。

正直TOEIC600点目標であれば、文法を重点的に学習するのではなく全パートまんべんなく広く浅く学習するべきだと思います。

オススメの教材は以下の2つです。他のパートに比べて特別文法問題に苦手意識を感じていない方は、以下の教材からどちらかを選びましょう。

ABOUT ME
やまがたゆうと
TOEIC935点。5か月でTOEIC550点からTOEIC915点を達成。 TOEICの参考書を100冊以上利用する参考書オタク。その経験を基にTOEIC参考書レビューサイトを運営中です。 大学受験参考書レビューサイトの運営経験あり。
【期間限定】公式LINE@で教材無料相談実施中

公式LINEで教材の無料相談を始めました!お気軽にお申込みください

期間:2022/2/10~2022/3/31

レビューが終わった教材のプレゼント企画もしようと考えているので、ぜひ友達追加よろしくお願いします。

LINE@友達追加