TEX加藤

【徹底レビュー】TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス

超人気の単語帳である『金のフレーズ』の続編として出版された『金のセンテンス』についてレビューしていきます。

『金のセンテンス』は文章で単語を覚えていこうというコンセプトです。

『金のフレーズ』に収録されている単語は全て網羅しており、金のフレーズの単語に478語追加されています。

『金のフレーズ』は日本語→英語で訳さなければいけない謎の構成で、若干不便さを感じる人もいました。

(例えば「郊外」という日本語から赤シートで隠されたsuburbを予測しなければならなかった。)

しかし『金のセンテンス』は他のTOEIC単語帳と同じく、英語から日本語に訳す構成に戻っていました!

文章で覚えるのはめんどくさそう。と思う人もいますが、文章を無視して単語だけで学習することも可能

少し分厚くはなっていますが、正直『金のフレーズ』の上位互換であると言ってもいいでしょう。

結論からまとめると以下の通り。

【オススメできる人】

  • 英語→日本語で学習したい人
  • 信頼性を重視したい人
  • 金のフレーズの復習をしたい人
  • TOEIC600点よりも高い点数を目標としている人

【オススメできない人】

  • TOEIC600点目標の人
  • 日本語→英語で学習したい人

『金のセンテンス』は一般的なTOEIC単語帳と同じく、英→日の翻訳を覚えることが出来ます。

文章で覚えるというコンセプトですが、単語だけも分けて羅列されているので、単語のみの学習も可能。

皆が使っているという信頼性もありますし、かなりいい単語帳だと言えるでしょう。

スピーキングやライティングも勉強したくて、日本語→英語の学習をしたい人は『金のフレーズ』を選ぶといいでしょう。

>>【徹底レビュー】TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ

さらにTOEIC600点が目標だ。という人は、それ専用に作られた『銀のフレーズ』のほうがオススメ。

>>【徹底レビュー】TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ

この記事では実際に『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス』を利用した私が、徹底的にこの教材をレビューしていきます。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥979
(2022/09/30 21:00:33時点 Amazon調べ-詳細)

金のセンテンスのレビュー評価情報まとめ

教材名TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス
著者名TEX加藤
出版日2019年2月20日
オススメ度
教材タイプ単語帳
所要時間20時間程度
レベル対象レベル:TOEIC400点~

到達可能:TOEIC900点台

効果語彙力の向上
メリット①1つの短い文章で複数の重要単語を勉強できる

②単語のみを勉強することもできる

③ちゃんと英語から日本語に訳す構成になっている

④信頼性がかなり高い

➄持ちやすいサイズ感

デメリット①目標レベルが明記されていない

TOEIC単語帳ランキング不動の1位の『金のフレーズ』の続編である『金のセンテンス』。

単語自体は金のフレーズのものを全てカバーし、さらに478語追加した単語帳。

最も大きな特徴は文章で暗記できることです。重要単語を複数使って作られた短い文を覚えることで、効率よく必須単語を暗記できます。

文章で覚えることをコンセプトにしていますが、単語だけを学習することも可能な構成です。

『金のフレーズ』で1部の人に不評だった、日→英の構成も改善されています。

有名教材ということで利用している人が多いという安心感もありますし、片手で持ちやすいサイズ感も健在。

正直TOEIC600よりも高い点数を目指す人の単語帳はこれ一択なのでは?というくらい気に入っている単語帳。

ですが、TOEIC600点が最終目標の人は『銀のフレーズ』を利用するのが1番効率が良いですね。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥979
(2022/09/30 21:00:33時点 Amazon調べ-詳細)

金のセンテンスのメリット

次に私が実際に『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス』を利用してみて、どういった点がオススメポイントかをまとめてみます。

具体的には以下の5つ。少し多いですがそれぞれ詳しく解説していきます。

  1. 1つの短い文章で複数の重要単語を勉強できる
  2. 単語のみを勉強することもできる
  3. ちゃんと英語から日本語に訳す構成になっている
  4. 信頼性がかなり高い
  5. 持ちやすいサイズ感で隙間時間に学習できる

良い点①:1つの短い文章で複数の重要単語を勉強できる

まず最も大きな特徴は「1つの短い文章で複数の重要単語を勉強できる」という点です

これはかなり効率の良いシステムですよね。構文の勉強も自然にできます。

例えばですが、1つ抜き出してみると以下の通り。

”We have the option of hiring additional workers to execute our plan.”

我々には計画を実行するため、追加の作業員を雇うという選択肢がある。

  • option:選択肢
  • hire:雇う・採用者
  • additional:追加の
  • execute:実行する

1つの短い文章の中に4つの重要単語が含まれています。しかも文章自体もTOEICに出そう。

文章を1つ覚えるだけで複数単語が暗記できるのは、かなり効率がいいですよね。

良い点②:単語のみを勉強することもできる

『金のセンテンス』で単語のみを学習することも可能です!

ちゃんと買わずにレビューしているサイトなんかは、文章で勉強したいなら『金のセンテンス』、単語だけで勉強したいなら『金のフレーズ』なんて言っている人もいます。

しかし、『金のセンテンス』は中身を少しでも確認するとわかるのですが、文章を飛ばして単語のみを学習することも可能。

文章があるのと、掲載単語数が多いのが原因で5mmほど分厚くはなっていますが、問題なく片手で持てるレベル。

正確には日→英で勉強したいなら『金のフレーズ』、英→日で勉強したいなら『金のセンテンス』をオススメします。

良い点③:ちゃんと英語から日本語に訳す構成になっている

先ほどから何度も言っているのですが、『金のフレーズ』との大きな違いは、英語から日本語に訳す構成になっていることです。

『金のフレーズ』は、「達成する」という日本語から赤シートで隠された「achieve」を予測する構成でした。

日→英は、ライティング・スピーキングでは必要ですが、TOEICはリスニング&リーディングの試験。英→日で十分です。

実際数多くのTOEIC単語帳を使ってきましたが、日→英の構成の単語帳は『金のフレーズ』のシリーズ3冊と旺文社出版の単語帳のみ。

『金のフレーズ』で不満の多かった点を改善しているのが、1番の変更点でしょう。

良い点④:信頼性がかなり高い

私が単語帳で特に重視しているのが「信頼性」なんですよね。

正直に言うと単語帳なんてTOEIC専用のものを選びさえすればなんでもいいんですよ。

それ以上に大事なのが、1冊を完璧にやりきること。

1冊を完璧にやりきるために必要なのが、これさえやっていれば大丈夫!という安心感です。

そう意味で『金のセンテンス』は皆が使っている『金のフレーズ』の単語を全部収録しているので、安心感は抜群。

twitterで少し探せば、実際に結果が出ている人のエピソードもたくさん出てきます。

1冊を完璧にやることが重要な単語帳では、とりあえず有名なものを使っておくというのはかなりいい手だと言えるでしょう。

良い点➄:持ちやすいサイズ感で隙間時間に学習できる

TOEICの単語帳ってなぜか大きめのサイズが多いんですよね。しかし『金のセンテンス』は片手で持ちやすいサイズ感。

単語帳というのは、机の前に座ってじっくり勉強するというよりは、隙間時間にコツコツ学習するためのものです。

片手で持てるサイズなら、電車内で吊革につかまった状態でも学習できます。ちょっとした隙間時間にサッと取り出して学習もできます。

隙間時間を積み重ねると意外と学習時間増えるんですよね。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥979
(2022/09/30 21:00:33時点 Amazon調べ-詳細)

金のセンテンスのデメリット

次に『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス』の悪い点・改善してほしい点を紹介します。

先に挙げてしまうと以下の通り。詳しく解説していきます。

  1. 目標レベルが明記されていない

悪い点①:目標レベルが明記されていない

『金のセンテンス』では、目標点数のレベルが明記されていないのは少しデメリットに感じるかもしれません。

『金のフレーズ』では、初めの400語はTOEIC600点レベル・次の300語は730点レベル・次の200語は860語レベル・最後の100語は990点レベルと点数ごとに分けられています。

しかし、『金のセンテンス』はStation1・Station2・Station3・Station4といった分け方で、目標レベルは明記されていません。

しかし『金のセンテンス』も、簡単な単語から順番に並べている傾向にはあるので、前から順番に学習していくといいでしょう。

大体ですが、Station1→600点レベル、Station2→730点レベル、Station3→860点レベル、Station4→990点レベルと思っておいていいでしょう。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥979
(2022/09/30 21:00:33時点 Amazon調べ-詳細)

金のセンテンスの口コミ・評判

私の意見だけではなく、たくさんの人の意見を見て考えたい。という人も多いでしょう。

そこで『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス』の評判・口コミを集めてみました。twitterで見つけた生の意見なので必ず役に立つはずです。

「金のセンテンス」と「金のフレーズ」を比較しているツイートはたくさんありましたが、「金のフレーズ」のほうがオススメと言っている人は1人もいませんでした。

(『金のフレーズ』を推している人を意図的に載せてないとかではないです)

やはり僕も「金のフレーズ」の日→英という構成は問題があると思っています。

おそらく出版当初からクレームはあると思いますが、予想以上に売れているので今更変更できないのだと思います。

『金のフレーズ』に収録されている単語は全て『金のセンテンス』に含まれています。

つまり全被り。

『金の熟語』は熟語を学習したい人はこれ一択ってくらいの良い熟語帳なので、ぜひ利用してください。

TOEIC600点を目指している人は、もう少しレベルの低い銀のフレーズをオススメします。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥979
(2022/09/30 21:00:33時点 Amazon調べ-詳細)

金のセンテンスはこんな人にオススメ

冒頭でも紹介しましたが、この教材は以下のような人にオススメです。

【オススメできる人】

  • 英語→日本語で学習したい人
  • 信頼性を重視したい人
  • 金のフレーズの復習をしたい人
  • TOEIC600点よりも高い点数を目標としている人

【オススメできない人】

  • TOEIC600点目標の人
  • 日本語→英語で学習したい人

『金のフレーズ』と比較されやすい『金のセンテンス』ですが、基本的にTOEICの点数さえ上がればいいという人には『金のセンテンス』をオススメしています。

しかし、ライティングやスピーキングも必要という人は、日→英の『金のフレーズ』を選んでもいいでしょう。

さらにTOEIC600点が最終目標の人は、それ向けに作られた『銀のフレーズ』のほうが効率は良いです。そちらを使いましょう。

『金のセンテンス』は最終目標がTOEIC600点よりも高くて、英→日で学習したい人向けの単語帳です。

まとめ

結論をもう一度まとめると以下の通り。

【オススメできる人】

  • 英語→日本語で学習したい人
  • 信頼性を重視したい人
  • 金のフレーズの復習をしたい人
  • TOEIC600点よりも高い点数を目標としている人

【オススメできない人】

  • TOEIC600点目標の人
  • 日本語→英語で学習したい人

『金のセンテンス』は一般的なTOEIC単語帳と同じく、英→日の翻訳を覚えることが出来ます。

文章で覚えるというコンセプトですが、単語だけも分けて羅列されているので、単語のみの学習も可能。

皆が使っているという信頼性もありますし、かなりいい単語帳だと言えるでしょう。

スピーキングやライティングも勉強したくて、日本語→英語の学習をしたい人は『金のフレーズ』を選ぶといいでしょう。

>>【徹底レビュー】TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ

さらにTOEIC600点が目標だ。という人は、それ専用に作られた『銀のフレーズ』のほうがオススメ。

>>【徹底レビュー】TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ

created by Rinker
朝日新聞出版
¥979
(2022/09/30 21:00:33時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
やまがたゆうと
TOEIC935点。5か月でTOEIC550点からTOEIC915点を達成。 TOEICの参考書を100冊以上利用する参考書オタク。その経験を基にTOEIC参考書レビューサイトを運営中です。 大学受験参考書レビューサイトの運営経験あり。
【期間限定】公式LINE@で教材無料相談実施中

公式LINEで教材の無料相談を始めました!お気軽にお申込みください

期間:2022/2/10~2022/3/31

レビューが終わった教材のプレゼント企画もしようと考えているので、ぜひ友達追加よろしくお願いします。

LINE@友達追加