Part3&4

【徹底レビュー】TOEIC L&R TEST パート3・4特急 実力養成ドリル

300万部突破の大人気シリーズである『特急シリーズ』の中の、『パート3・4特急シリーズ』の第1弾である『パート3・4特急 実力養成ドリル』をレビューしていきます。

この教材はタイトルからはわかりにくいですが、かなり上級者向けの教材です。この難易度の問題集はなかなかないぞ、と思うレベル。

音声は早いし、会話も長い、さらに設問も難しい。普通Part3で2人の会話は2往復程度ですが、この教材では5往復の会話もあります。

本番よりも高いレベルで学習する、いわゆる高地トレーニング用の教材で、最低でもTOEIC800点は欲しいところ。

結論からまとめると以下の通り。

【オススメできる人】

  • TOEIC800点以上の人
  • 根本的なリスニング力を向上させたい人

【オススメできない人】

  • TOEIC800点未満の人

『パート3・4特急 実力養成ドリル』は、かなり難しい教材です。最低でもTOIEC800点くらいは欲しいところ。

もしTOEIC800点未満の人であれば、以下の教材がオススメです。

【Part3&4のトレーニング教材】TOEIC600点~

>>【徹底レビュー】TOEIC L&R TEST 究極のゼミ Part3&4

【リスニングのハイレベル模試教材】TOEIC700点~

>>【徹底レビュー】TOEICL&Rテスト新形式精選模試リスニング1・2・3

【全パート総合対策教材】全レベル対応

>>【徹底レビュー】スタディサプリTOEIC対策講座

この記事では実際に『パート3・4特急 実力養成ドリル』を利用した私が、この教材の内容について詳しく解説していきます。

パート3・4特急 実力養成ドリルのレビュー評価情報まとめ

教材名TOEIC L&R TEST パート3・4特急 実力養成ドリル
著者名神崎正哉・Daniel Warriner
出版日2017/04/14
オススメ度
教材タイプPart3&4演習用教材
所要時間10時間程度
レベル対象:TOEIC800点~

到達可能:TOEIC900点台

効果Part3&4の高難易度問題に慣れる
メリット①高難易度問題に慣れることが出来る。

②部分的なディクテーションが出来る。

デメリット①TOEICの問題形式とは若干ずれている。
始める前にやるべき教材TOEIC L&R TEST 究極のゼミ Part3&4

TOEICL&Rテスト新形式精選模試リスニング1・2・3

スタディサプリTOEIC対策講座

終わった後にやるべき教材パート3・4特急II 実践ドリル

SANTA TOEIC

この教材は『特急シリーズ』ではおなじみの神崎正哉先生が著者である教材。

タイトルではわかりづらいですが、難易度はかなり高め。まともに解こうと思うと最低でもTOEIC800点は必要です。

解くのを目的とするのではなく、難易度の高い文を使ってトレーニングをするのを目的とするのであればもっと低いレベルでも利用できるかも。(実力養成ドリルとあるし。)

面白い教材ではあるのですが、問題文が長すぎたり設問が難しかったりするので、演習用教材としては微妙かも。

ただ、問題は間違える前提で、オーバーラッピング・シャドーイング・ディクテーションのための素材として利用するのはありでしょう。

パート3・4特急 実力養成ドリルのメリット

実際に『パート3・4特急 実力養成ドリル』を利用していて感じたオススメポイントについて解説していきます。

具体的には以下の2つ。それぞれ詳しく解説していきます。

  1. 高難易度問題に慣れることが出来る。
  2. 部分的なディクテーションが出来る。

良い点①:高難易度問題に慣れることが出来る。

この教材はTOEIC本番よりも難しい問題が収録されています。

問題文がかなり長いので、文章をしっかり把握していないと解くことが出来ません。

選択肢も1問目の解答の根拠が、2問目の解答の根拠よりも後に出てくる難問がたくさん収録されています。

本当の意味でしっかりと文章を聞けてないと、正答するのは難しいでしょう。

良い点②:部分的なディクテーションが出来る。

この教材の解説欄には、問題文が部分的に抜けていて書き込めるようになっています。つまり部分的なディクテーションが可能。

この1冊をしっかりと活用してほしい。という著者の思いが垣間見えますね。

パート3・4特急 実力養成ドリルのデメリット

逆に『パート3・4特急 実力養成ドリル』を利用していて感じた、残念なポイントについて解説していきます。

具体的には以下の点。詳しく解説していきます。

  1. TOEICの問題形式とは若干ずれている。

悪い点①:TOEICの問題形式とは若干ずれている。

この教材はあくまでも「実力養成ドリル」です。TOEICの問題形式とは若干ずれています。

というのも、Part3で2人の会話は普通2往復程度のやりとりですが、この教材では3往復以上のやりとりがバンバン出てきます。

設問も1番初めの問題の解答の根拠が1番最後に出てきたりします。(TOEIC本試でも解答の根拠が設問の順番と異なることはまれにあるが、難問認定になる。)

TOEICに慣れたい。というよりは、根本のリスニング力を鍛えたい!という人にオススメの教材です。

パート3・4特急 実力養成ドリルの口コミ・評判

私の意見だけではなく、たくさんの人の意見を見て考えたい。という人も多いでしょう。

そこで『パート3・4特急 実力養成ドリル』の評判・口コミを集めてみました。twitterで見つけた生の意見なので必ず役に立つはずです。

どちらもTOEIC500点台の人にオススメできるような教材ではないような気もしますが、オススメの教材として紹介されている人はいらっしゃいました。

やはり難しいと言っている方はかなり多くいました。タイトルからはあまり高難易度とは感じにくいですよね。

ちなみに最後のHiさんはTOEIC900点越えを果たしている人です。

リスニングを終えた後はシャドーイングをしっかりしなければいけませんが、速度がかなり速いのでなかなか難しいようです。

1問あたり15分ペースというのは大げさではないでしょう。

かなり否定的な意見を言っている人もいました。

この教材は演習用教材なので、コツやテクニックは解説されていません。コツやテクニックを知りたければ、トレーニング用教材を利用しましょう。

一応全体を把握したうえで解答可能な設問が1問目に来ることはたまにあります。

ただ、TOEIC本番のリスニングの中で1番か2番目に難しい問題扱いはされると思いますが。

パート3・4特急 実力養成ドリルはこんな人にオススメ

この教材は冒頭でも紹介しましたが、以下のような人にオススメの教材です。

【オススメできる人】

  • TOEIC800点以上の人
  • 根本的なリスニング力を向上させたい人

【オススメできない人】

  • TOEIC800点未満の人

この教材はかなり高難易度問題集です。TOEICの本番には出ないようなレベルもたくさん収録されています。

本番よりも高いレベルで学習する、いわゆる高地トレーニング用の教材。最低でもTOEIC800点以上の人が使うべき教材です。

TOEIC800点未満の人は、別の教材を利用することをオススメします。

関連記事

【Part3&4のトレーニング教材】TOEIC600点~

>>【徹底レビュー】TOEIC L&R TEST 究極のゼミ Part3&4

【リスニングのハイレベル模試教材】TOEIC700点~

>>【徹底レビュー】TOEICL&Rテスト新形式精選模試リスニング1・2・3

【全パート総合対策教材】全レベル対応

>>【徹底レビュー】スタディサプリTOEIC対策講座

パート3・4特急 実力養成ドリルを始める前にやるべき教材

先ほどからも紹介していましたが、『パート3・4特急 実力養成ドリル』を利用する前にやるべき教材について紹介していきます。

具体的には以下の3つ。それぞれ詳しく解説していきます。

①TOEIC L&R TEST 究極のゼミ Part3&4

TOEIC600点以上の中級者にオススメの教材は、『究極のゼミPart3&4』です。

中級者が上級者になるためのステップアップに最適なトレーニング教材。

講義形式で進んでいくので、読んでて結構面白い。トレーニング教材の割には問題数も多めです。

中級者を抜け出したい人にオススメの教材。

②TOEICL&Rテスト新形式精選模試リスニング1・2・3

高難易度の模試教材として人気なのが、『精選模試リスニング』です。高難易度ですが、『パート3・4特急 実力養成ドリル』よりは優しめの問題が多い。

解説も詳しく、問題の質も高いコスパ抜群の教材なのでぜひ利用してみてください。

created by Rinker
ジャパンタイムズ出版
¥2,090
(2021/12/07 10:02:33時点 Amazon調べ-詳細)

③スタディサプリTOEIC対策講座

全パートの学習を総合的に行いたい、という人にオススメなのが『スタディサプリTOEIC対策講座』。

リクルートという超一流企業がTOEIC教材を出版すると、ここまで完成度の高い教材が出来上がるのか、、、、。と感心する教材。

何がすごいかというと、スマホでどこでも片手で勉強できるので通勤・通学電車や、ちょっとした隙間時間に勉強できるという点。

「基礎講座」「パーフェクト講義」「実戦問題集」が利用でき、300点の入門者から800点台の上級者まで対応可能という点。

7日間の無料体験が可能なので損することがないという点が挙げられます。

実際に私自身もこの教材でTOEIC550点からTOEIC900点越えを達成した経験もあり、一番好きでオススメしている教材です。

パート3・4特急 実力養成ドリルが終わった後にやるべき教材

次に『パート3・4特急 実力養成ドリル』の後にやるべき教材として、オススメの教材を紹介していきます。

具体的には以下の2つ。それぞれ詳しく解説していきます。

パート3・4特急II 実践ドリル

『パート3・4特急 実力養成ドリル』の続編として作成された教材が、『パート3・4特急II 実践ドリル』です。

『パート3・4特急 実力養成ドリル』よりも実践(本番)に近い形式で演習をしていきます。

ただやはりこの教材も難しい!TOEIC800点台の人でも、正答率が半分を切るようです。

かなりやりごたえのある難易度ですが、『パート3・4特急 実力養成ドリル』を気に入ったのであれば楽しめるでしょう!

②SANTA TOEIC

とにかく難易度高めの問題を解きまくりたいという人にオススメなのが『SANTA TOEIC』

AIを利用した学習教材としてアジアで100万人以上に利用されています

その特徴はなんといっても、あなたのレベルに合った問題をAIが自動で選んで出題してくれる機能

従来の教材は、どうしても簡単な問題と難しい問題を同時に収録する必要があり、学習の無駄が多くありました。

しかしSANTA TOEICを利用すれば、自分に合ったレベルのみを解くことが出来るので、効率よく学習することが可能

特に解けない問題が少ない、上級者の方が使うと非常に効果が高い教材です。

まとめ

結論をもう一度まとめると以下の通り。

【オススメできる人】

  • TOEIC800点以上の人
  • 根本的なリスニング力を向上させたい人

【オススメできない人】

  • TOEIC800点未満の人

『パート3・4特急 実力養成ドリル』は、かなり難しい教材です。最低でもTOIEC800点くらいは欲しいところ。

もしTOEIC800点未満の人であれば、以下の教材がオススメです。

【Part3&4のトレーニング教材】TOEIC600点~

>>【徹底レビュー】TOEIC L&R TEST 究極のゼミ Part3&4

【リスニングのハイレベル模試教材】TOEIC700点~

>>【徹底レビュー】TOEICL&Rテスト新形式精選模試リスニング1・2・3

【全パート総合対策教材】全レベル対応

>>【徹底レビュー】スタディサプリTOEIC対策講座

ABOUT ME
やまがたゆうと
TOEIC935点。5か月でTOEIC550点からTOEIC915点を達成。 TOEICの参考書を100冊以上利用する参考書オタク。その経験を基にTOEIC参考書レビューサイトを運営中です。 大学受験参考書レビューサイトの運営経験あり。
TOEIC有名教材を無料で利用できる裏ワザ

知らなきゃ損!今だけ!あのTOEIC有名教材が1万円分以上無料でAmazonで利用できる!

・マンガで攻略! はじめてのTOEIC(R)テスト 全パート対策 1,760円

・TOEIC(R) L&Rテスト 究極の模試600問+ 3,300円

・TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問 2,860円

・世界一わかりやすいTOEICテストの英文法 1,650円

・世界一わかりやすいTOEIC L&Rテスト総合模試1[600点突破レベル] 2,090円

・世界一わかりやすいTOEIC L&Rテスト総合模試2[800点突破レベル] 2,090円

などなど、他にもTOEIC教材が多数使い放題!

これが全部Amazonで無料で使える!知る人ぞ知る裏ワザを大公開。