TEX加藤

【徹底レビュー】TOEIC L&R TEST 入門特急 とれる600点

300万部以上売り上げた大人気の『特急シリーズ』、その中でも初心者にターゲットを絞った『入門特急 600点』をレビューしていきます。

結論から言うと、『入門特急 600点』は英語がかなり嫌いな人にオススメの教材です。

他のどの教材よりも、日本語が多い!個人的には日本語ばっかりで、逆に読むのが大変でした。英語を読みたい。

ただ他の入門書と違って、TOEICのテクニックのような部分を重点的に学習できるので、初めてTOEICを受ける英語が嫌いな人にとってはかなりいい教材と言えます。

問題数が少ないので、この教材だけで600点越えが可能なのは、そこそこ英語が得意な人だけだと思います。

結論からまとめると以下の通り。

【オススメできる人】

  • TOEICの受験が初めてで英語が大嫌いな人
  • 他の教材には手を付けていない人

【オススメできない人】

  • 他の教材を利用してTOEICのことは大体わかっている人
  • 英語が別に嫌いではない人

この教材は、特に英語が大嫌いな人をターゲットにした入門教材です。日本語がかなり多いですが、その分問題数は少なめ。

この教材だけでTOEIC600点越えを果たせるのは、初めからそこそこ英語が得意な人だけでしょう。

もし英語自体が大嫌いというわけではないのであれば、以下の教材を利用することをオススメします。

【目標点数がTOEIC600点で終わりの人】

【TOEIC600点取った後もTOEICを続けていきたい人】

この記事では実際に『入門特急 600点』を利用した私が、この教材の内容について詳しく解説していきます。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥880
(2022/10/01 10:49:20時点 Amazon調べ-詳細)

入門特急 600点のレビュー評価情報まとめ

教材名TOEIC L&R TEST 入門特急 とれる600点
著者名TEX加藤
出版日2019/08/20
オススメ度
教材タイプ全パート入門教材
所要時間5時間程度
レベル対象:TOEIC300点~

到達可能:TOEIC600点台

効果TOEICの基礎知識を学べる
メリット①日本語が多いので英語アレルギーでも大丈夫

②余談も多いので楽しく学習できる

③基礎的に知識をまんべんなく身に着けられる

④持ちやすいデザイン性

デメリット①問題数が少ない

②各パートの内容が薄い

始める前にやるべき教材なし
終わった後にやるべき教材①初心者特急シリーズ

世界一わかりやすいTOEICの授業シリーズ

『入門特急 600点』はTOEIC界では超有名講師である、TEX加藤先生が著者である教材。

TOEIC初受験の英語が苦手な人をターゲットに、日本語を多めにしてまずはこの1冊をやり遂げられるように、という思いがこもった教材。

ただ、日本語多めな分、問題数は少なくなってしまっています。この教材のみでTOEIC600点を取ることが出来るのは、もともと英語が苦手ではない人だけでしょう。

この教材を足掛かりにして、徐々にステップアップしていくという使い方が理想的です。

『入門特急 600点』にはTOEICに最低限必要な知識が網羅されてるので、まずはこの1冊をしっかりとやり遂げられるようにしましょう。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥880
(2022/10/01 10:49:20時点 Amazon調べ-詳細)

入門特急 600点のメリット

次に『入門特急 600点』を実際に利用してみて、よかった点・オススメできる点を紹介していきます。

先にすべて挙げてしまうと以下の4点。それぞれ詳しく解説していきます。

  1. 日本語が多いので英語アレルギーでも大丈夫
  2. 余談も多いので楽しく学習できる
  3. 基礎的に知識をまんべんなく身に着けられる
  4. 持ちやすいデザインなので電車内でも気軽に学習できる

良い点①:日本語が多いので英語アレルギーでも大丈夫

この教材の1番の特徴は、とにかく日本語が多いということでしょう。TOEIC教材というよりは、文庫本といったイメージです。

正直普段TOEIC教材以外の本を読まない私にとって、この量の日本語を読むのは若干のストレスにはなりました。

しかし、英語に慣れていない、英語アレルギーの人にはうってつけの教材でしょう。

良い点②:余談も多いので楽しく学習できる

この教材はまじめな文章だけでなく、ところどころに余談を混ぜています。(例えば、TOEICの試験で巨大モビルスーツの画像が使われた話とか。)

これも、まずはこの1冊をやり遂げてほしいという思いからなのでしょう。飽きずに学習できます。

良い点③:基礎的に知識をまんべんなく身に着けられる

この教材はTOEICの全パートに関する知識を、まんべんなく身に着けることが出来ます。

問題の形式・それぞれのパートの基本的なテクニック・リスニングとリーディングの勉強方法・TOEIC試験の申込方法や本番の注意点など。

これ一冊でまんべんなく基本的な情報を身に着けることが出来るので、TOEICのことを何にも知らないという人にもオススメできる教材です。

良い点④:持ちやすいデザインなので電車内でも気軽に学習できる

『特急シリーズ』すべてに共通する特徴ですが、片手で持ちやすいデザインであることもいい点の1つに挙げられます。

特にサラリーマンをターゲットに作成しているようで、通勤電車内で片手で勉強できるような作りになっています。

現在はスタディサプリのようなスマホで片手で学習可能な教材が増えています。

実際に僕もスタディサプリを用いて、TOEIC900点越えを達成しましたが、片手で隙間時間に気軽に勉強できるのは思っている以上のメリットですよ!

created by Rinker
朝日新聞出版
¥880
(2022/10/01 10:49:20時点 Amazon調べ-詳細)

入門特急 600点のデメリット

逆に『入門特急 600点』を利用していて感じた残念なポイントについて紹介していきます。

具体的には以下の2つ。それぞれ詳しく解説していきます。

  1. 問題数が少ない
  2. 各パートの内容が薄い

悪い点①:問題数が少ない

この教材は、『英語が苦手な人でもまずは1冊やり遂げてほしい。』という思いから、日本語を多めにしたり、余談を入れたりと工夫をしています。

しかし、その分問題数は少なくなりがち。この1冊だけで600点をとれるのか?というと正直微妙なところです。

なので、この教材を足掛かりに次の教材をきちんと利用することをオススメします。

悪い点②:各パートの内容が薄い

TOEICにはPart1~Part7の計7つのパートに分かれています。

多くの教材は、Part1&2とかPart3&4とかに分けて出版している中、この教材は全パートを1冊で解説しています。

その分各パートの内容が薄くなってしまっているのは明らか。先ほども言ったように追加で個別の対策ができる教材を探すべきです。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥880
(2022/10/01 10:49:20時点 Amazon調べ-詳細)

入門特急 600点の口コミ・評判

『入門特急 600点』を利用した人の口コミ・評判を見て決めたいという人もいるでしょう。

そこで、実際に利用した人のツイートをできるだけたくさん集めてみました。生の声なので役に立つはずです!

「解き終えたのではなく読み終えた。」感覚的にどんな教材か、わかっていただけるのではないでしょうか?

TOEICの全体像をつかむにはもってこいの教材ですね。

基本的に収録されている問題は簡単なものばかり。解説も多めなので、義務教育をしっかり終えている方は十分利用できる教材と言えるでしょう。

初心者にありがちなのが、なんとなくこれだろう。という感覚で選択肢を選んでいるパターン。

もちろん『入門特急 600点』は簡単な問題が多いので、それでも解けてしまうかもしれません。しかし、理屈で解く方法を解説してあるので、文法問題の解き方がちらっとわかるはず。

『入門特急 600点』は入門教材としては珍しく、テクニック部分をしっかりと解説している教材。

問題数は少ないですが、学べるテクニックは意外と多いですよ。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥880
(2022/10/01 10:49:20時点 Amazon調べ-詳細)

入門特急 600点はこんな人にオススメ

冒頭でも紹介しましたが、『入門特急600点』は以下のような人にオススメです。

【オススメできる人】

  • TOEICの受験が初めてで英語が大嫌いな人
  • 他の教材には手を付けていない人

【オススメできない人】

  • 他の教材を利用してTOEICのことは大体わかっている人
  • 英語が別に嫌いではない人

英語が大嫌いだけど、何らかの理由でTOEICの勉強をしなければならない!という人にオススメの教材。

しかし問題数が少ないため、この教材だけではTOEIC600点は難しい。

1つの教材でTOEIC600点を取りたい、という人は別の教材を利用することをオススメします。

TOEIC600点が最終目標の人は、『2カ月で攻略 TOEIC(R) L&R テスト600点!』がオススメ。2か月かけた学習プランで、無理なく実力アップを目指せます。

最終的にはさらに高得点を目指したい!という人は、『スタディサプリTOEIC対策講座』がオススメ。基礎からしっかりと学ぶことが出来るので、高得点も目指しやすいでしょう。

特にスタディサプリTOEIC対策講座は、今なら無料体験が7日間可能なので、リスク0で気軽に試すことが出来ます。

関連記事

【目標点数がTOEIC600点で終わりの人】

【TOEIC600点取った後もTOEICを続けていきたい人】

created by Rinker
朝日新聞出版
¥880
(2022/10/01 10:49:20時点 Amazon調べ-詳細)

入門特急 600点が終わった後にやるべき教材

『入門特急600点』を終えた後に、使うべき教材について紹介していきます。

具体的には以下の2つ。それぞれ詳しく解説していきます。

①初心者特急シリーズ

まず『入門特急600点』の問題の難易度がちょうどいいと感じた人にオススメなのが、『初心者特急シリーズ』です。

同じ『特急シリーズ』の1つで、初心者向けの簡単な問題が収録されています。

できるだけ短い文章にしたり、ヒントを先に出したりと、初心者でも利用しやすい仕掛けがたくさん。

『Part1&2』『Part3』『Part4』『Part5』『Part6』『Part7』の計6冊に分かれていますが、ぜひ全部利用してみてください。

②世界一わかりやすいTOEICの授業シリーズ

『入門特急600点』の問題の難易度が簡単すぎると感じた人にオススメなのが、『世界一わかりやすいTOEICの授業シリーズ』です。

この教材は初心者向けに人気のシリーズで、実用的なテクニックを学べるし、解説がとにかく詳しいので誰でも理解できることが特徴。

中級者へのステップアップとして、必要な教材なのでぜひ利用してみてください。

まとめ

結論をもう1度まとめると以下の通り。

【オススメできる人】

  • TOEICの受験が初めてで英語が大嫌いな人
  • 他の教材には手を付けていない人

【オススメできない人】

  • 他の教材を利用してTOEICのことは大体わかっている人
  • 英語が別に嫌いではない人

この教材は、特に英語が大嫌いな人をターゲットにした入門教材です。日本語がかなり多いですが、その分問題数は少なめ。

この教材だけでTOEIC600点越えを果たせるのは、初めからそこそこ英語が得意な人だけでしょう。

もし英語自体が大嫌いというわけではないのであれば、以下の教材を利用することをオススメします。

【目標点数がTOEIC600点で終わりの人】

【TOEIC600点取った後もTOEICを続けていきたい人】

created by Rinker
朝日新聞出版
¥880
(2022/10/01 10:49:20時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
やまがたゆうと
TOEIC935点。5か月でTOEIC550点からTOEIC915点を達成。 TOEICの参考書を100冊以上利用する参考書オタク。その経験を基にTOEIC参考書レビューサイトを運営中です。 大学受験参考書レビューサイトの運営経験あり。
【期間限定】公式LINE@で教材無料相談実施中

公式LINEで教材の無料相談を始めました!お気軽にお申込みください

期間:2022/2/10~2022/3/31

レビューが終わった教材のプレゼント企画もしようと考えているので、ぜひ友達追加よろしくお願いします。

LINE@友達追加