全パート対策

【徹底レビュー】TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術

受験票が届いてからでも間に合う!そんなキャッチコピーで有名な『TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術』。

11日間のプログラムで、TOEIC直前になにも勉強できていない人が点数UPのためのテクニックを学ぶための教材

今まで様々な教材をこなしてきましたが、TOEIC間近だけどあまり勉強できていない!という人に最もオススメできる教材です。

結論からまとめると以下の通り。

【オススメできる人】

  • TOEIC本番まで時間がなく、テクニックだけで点数を上げたい。

【オススメできない人】

  • TOEIC本番まではまだ時間があり、高得点を狙いたい。

この記事を読んでいる人は、ほとんどがTOEIC本番まで時間がない!という人ばかりでしょう。

本番まで2週間を切っていて、ぎりぎりであがきたいという人にはオススメできる教材です。

ただ、この教材はテクニックで点数を上げることを目的としていて、純粋な英語力向上にはあまり役に立ちません。

高得点を目指す人や、TOEICまで1か月程度ある人は以下の教材で基礎力を高めることをオススメします。

【紙教材で学習したい初心者向けにオススメの教材】~600点

世界一わかりやすいTOEICシリーズ(3冊)

【紙教材で学習したい中級者向けにオススメの教材】600点~

究極のゼミシリーズ(4冊)

【短期間で一気に点数をあげたい人にオススメの教材】

スタディサプリTOEIC対策講座

この記事では実際に『TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術』を利用した私が、この教材の内容について解説していきます。

『直前の技術』の電子書籍版はkindle unlimitedに登録すると、1ヵ月無料で利用可能です。

いつ無料対象から外れるかは、わからないので早めに申し込むことをオススメします!

詳しくはこちら>>【今だけ無料!】知らないと損をする!?あのTOEIC有名教材がAmazonで無料で利用できる知る人ぞ知る裏ワザ

TOEIC直前の技術のレビュー評価情報まとめ

教材名TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術
著者名ロバート・ヒルキ、ヒロ前田、相澤 俊幸
出版日2018/02/01
オススメ度
教材タイプ全パート対策型
所要時間10時間程度
レベル対象レベル:400~700点台/初受験

到達可能レベル:TOEIC800点台

効果・TOEICのテクニックを知れる
メリット①短時間でTOEICテクニックを最大限学べる
デメリット①解説が少ない
始める前にやるべき教材世界一わかりやすいTOEICシリーズ

スタディサプリTOEIC対策講座オススメ

終わった後にやるべき教材「直前」模試3回分

30年以上のTOEIC指導経験があるロバート・ヒルキと、『究極のゼミシリーズ』で知られるヒロ前田、TOEIC満点講師の相澤 俊幸が著者である『直前の技術』。

高得点を目指しているわけではないけど、とりあえず楽して600点くらい達成出来たらいいな。くらいの人にオススメの教材です。

直前でも最大限点数が上げられるような48のテクニックがまとめられています。

ただ、英語の地力が高められないので、高得点を目指す人には向いていない教材。解説も十分とは言えず、テクニックだけ知って直近のTOEICを乗り切りたい!という感じの教材。

TOEICを受ける人の6~7割くらいがそのレベルのモチベーションであることを考えると、とてもいい教材だと思います。

800点以上の高得点を目指すという人は、スタディサプリTOEIC対策講座のほうが効率がいいでしょう。

短期間で点数が上げられるというコンセプトはかなり好きですが、解説があまり詳しくないことからオススメ度は4.0/5.0です。

TOEIC直前の技術のメリット

『直前の技術』を利用していて感じたオススメポイントを紹介していきます。

とはいっても、この教材の良いところは1つだけ。詳しく解説していきます。

良い点①:短時間でTOEICのテクニックを網羅できること

良い点①:短時間でTOEICのテクニックを網羅できること

「品詞問題は前後だけみて5秒で解く」とか「選択疑問文にYes/Noで答えている選択肢は即効省く」とか。

TOEICに必要な48個のテクニックが全てまとめられています。しかも10時間程度で1周できるのでかなり短時間で網羅できるのも魅力的。

短時間で自分の実力以上の点数をたたき出したい、という人にはオススメの教材です。

TOEIC直前の技術のデメリット

では逆にこの教材を利用していて感じたデメリットを紹介していきます。

具体的には以下の点。詳しく解説していきます。

悪い点①:解説が詳しくない

悪い点①:解説が詳しくない

この教材はあまり解説は詳しくありません。単語がまとめられていなかったり、不正解の選択肢の理由が解説されていなかったりします。

TOEICの特徴ですが、あいまいな選択肢でも正解になっていたりするので、解説の詳しさは教材の評価としてかなり重要な点。

もちろん『直前の技術』はテクニックを学ぶことを目的としている教材なので、解説は詳しくなくてもいいというスタンスはわかりますが….。

TOEIC直前の技術の口コミ・評判

多くの人の意見を知って決めたいという人もいるでしょう。そこで『TOEIC直前の技術』についての評判と口コミを行きます。

twitterで見つけた生の意見なので必ず参考になるはず。

オススメの教材として紹介している人もいました。直前期にまだ何もできていないという人にはオススメの教材です。

確かに文章で見るとわかった気になりますが、実際に実践するのは難しい。なのでぜひ何周も解いて感覚的に身に着けてくださいね。

実際に短期間で正答率が上がったと報告する人もいました。3週間で正答率64%から84%になるのはすごいですね。

個人的にはこの教材で400→600はいける感じ。600→800は難しい。もちろん人によりますが、この教材での目安は800点台が限界かなぁ思います。

TOEIC直前の技術はこんな人にオススメ

冒頭でも紹介しましたが、この教材は以下のような人にオススメできる教材。

【オススメできる人】

  • TOEIC本番まで時間がなく、テクニックだけで点数を上げたい。

【オススメできない人】

  • TOEIC本番まではまだ時間があり、高得点を狙いたい。

大学や会社でTOEICを受けろと言われたから仕方なく受ける。全く勉強せずに受験するのもなんだから最低限の対策をしておこう。くらいのモチベーションの人にオススメ。

逆にTOEIC本番まで時間があり、TOEICで高得点を取りたい!という人はスタディサプリのTOEIC対策講座がオススメです。

スマホを使い片手で勉強できるわりに、本格的な教材で効果は抜群。

実際私も500点台の実力でしたが、スタディサプリTOEICのみで900点台を取ることが出来ました。

無料体験も7日間あるので気軽に体験してみてください。

TOEIC直前の技術の使い方

『TOEIC直前の技術』を効果的に使うためにオススメの方法を紹介します。

オススメの手順は以下の2つ。それぞれ詳しく解説していきます。

手順①:前から順番に一気にやる

手順②:何周もできるようにサクッと解く(1つの問題に時間をかけない)

手順①:前から順番に一気にやる

この教材は、ロバート・ヒルキが考える点数が上がりやすい順番に収録されています。具体的には2→5→6→3→7→1という順番に並んでいます。

つまり前から順番にこなしていくことで、最大の効率で点数UPに繋がっていくように設計されています。

全パート対策型教材なので前から順番にこなしていくことで問題ありません。

手順②:何周もできるようにサクッと解く(1つの問題に時間をかけない)

他の教材では毎回「シャドーイングをしろ」とか「音読をしろ」と書いていますが、この教材は違います。

『直前の技術』は英語力の向上ではなく、テクニック暗記のための教材ですので、1つの問題に時間をかけずに何周もやったほうが効率がいいでしょう。

48のテクニックを1周で全て覚えることは不可能。最低2周。できれば3周はこなしたいですね。

TOEIC直前の技術が終わった後にやるべき教材

『TOEIC直前の技術』が終わったあとまだ時間がある!という人は何の教材をすればいいか。

オススメは以下の教材です。詳しく解説していきます。

①TOEIC(R)L&Rテスト 「直前」模試3回分

①TOEIC(R)L&Rテスト 「直前」模試3回分

『直前の技術』の後にするべき教材はたった1つでしょう。

ロバート・ヒルキさんが『直前の技術』を定着させるために作った(ものを日本人が新傾向対応にした)『TOEIC(R)L&Rテスト 「直前」模試3回分』がオススメ。

直前の技術で学んだテクニックを活かせるように、本番と同レベルの模試が3回分収録されています。

解説にはどのテクニックを利用すれば解けるのかが記されており、テクニックを定着させるのにはもってこいの教材。

難易度も本番と同程度でクオリティが高く、時間感覚を養うためにもぜひ利用してほしい教材です。

created by Rinker
株式会社アルク
¥2,420
(2022/05/22 15:19:44時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

結論をもう一度まとめると以下の通り。

【オススメできる人】

  • TOEIC本番まで時間がなく、テクニックだけで点数を上げたい。

【オススメできない人】

  • TOEIC本番まではまだ時間があり、高得点を狙いたい。

この記事を読んでいる人は、ほとんどがTOEIC本番まで時間がない!という人ばかりでしょう。

本番まで2週間を切っていて、ぎりぎりであがきたいという人にはオススメできる教材です。

ただ、この教材はテクニックで点数を上げることを目的としていて、純粋な英語力向上にはあまり役に立ちません。

高得点を目指す人や、TOEICまで1か月程度ある人は以下の教材で基礎力を高めることをオススメします。

【初心者向けにオススメの教材】~600点

世界一わかりやすいTOEICシリーズ(3冊)

【中級者向けにオススメの教材】600点~

究極のゼミシリーズ(4冊)

【全レベルにオススメの教材】

スタディサプリTOEIC対策講座

ABOUT ME
やまがたゆうと
TOEIC935点。5か月でTOEIC550点からTOEIC915点を達成。 TOEICの参考書を100冊以上利用する参考書オタク。その経験を基にTOEIC参考書レビューサイトを運営中です。 大学受験参考書レビューサイトの運営経験あり。
【期間限定】公式LINE@で教材無料相談実施中

公式LINEで教材の無料相談を始めました!お気軽にお申込みください

期間:2022/2/10~2022/3/31

レビューが終わった教材のプレゼント企画もしようと考えているので、ぜひ友達追加よろしくお願いします。

LINE@友達追加